RACOOコラム

車検をするとき、ディーラー車検にするか、民間車検にするか、迷った経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

ここでは、ディーラー車検がオススメできない理由を紹介していきたいと思います。

まず1つ目に、ディーラー車検をお勧めできない最も大きな理由として、やはりその費用の高いことが挙げられます。

小型車、中型車では、安いところではディーラーの約3分の2の価格で車検をすることができます。

ディーラーでは、最新モデルの正確な知識を持ったスタッフが、質の高いサービスを提供してくれます。

また、予備点検を実施してくれるため、その分価格が高くなってしまうのです。

しかし、ディーラーに比べ民間の方が専門性や予備点検がないという点で劣るとはいえ、サービスのクオリティが著しく低いというわけではありません。

ある程度のサービスの質でよく、予備点検も不要な場合は、ディーラーは割高であるといえるでしょう。

このような場合は、民間車検をオススメします。

2つ目に、ディーラーで車検をお願いしても、場合によっては外注先の民間工場で整備が行われることがあります。

というのも、タイヤ交換やその他あまりないような整備などはディーラーで行っていないため、そのような整備を行っている民間工場や整備のための機材がそろった民間工場へ外注されることがあるのです。

ディーラー車検に出すメリットとして、信頼感などを挙げる人も多くいるかと思いますが、このように外注されることもしばしばあることを考えると、最初から民間車検に出したほうが車検の質は変わらず費用が抑えられるのではないか、と考えることもできます。

3つ目に、民間車検は予備点検などを行わない分、ディーラー車検よりも早く車が戻ってくる、というメリットがあります。急ぎで車検に出したいとき、どうしても車がなくては困る場合には、ディーラー車検世よりも少しでも早く車を受け取れる民間車検のほうがよいでしょう。

このように、確かにディーラー車検は質の高さなどの面では勝るものの、価格や信頼性、さらには対応の早さという面でデメリットもあり、必ずしもオススメはできません。

Are you polishing your car?

We will deliver information to clean both modern and classic cars in both used and new car categories.