カーコーティング情報

自動車のボディに付いた汚れは、
機械式の洗車でもある程度は落とすことができます。

しかし細部の汚れまできれいに取り除きたいのであれば、
手洗いによる洗車方法もマスターしておいたほうが良いでしょう。

完全に汚れをなくせる上に、
磨くことでさらなる輝きを取り戻すことができます。

まず車の洗車の方法ですが、
汚れを浮かせるためにシャワーで全体を軽く濡らすところから始めます。

これにより、こびりついている汚れも
柔らかくして取り除きやすくなります。

その前に抑えておきたいのが、
洗車を行う日の天気です。

多くの人は雲ひとつない快晴の日に限って洗車をしようと思うようですが、
これは間違っています。

よく晴れた日は太陽光が厳しく、
ボディに残った水滴を拭き取る前に乾燥してしまいます。

これは水アカやシミの原因となるため、
避けたほうが良いのです。

ワックスを掛けることを考慮しても、
できるだけ晴れた日は避けるようにして、
薄曇りの日を選んで洗車するようにしましょう。

洗車はボディの上の方から下にかけて洗っていくのが基本です。

こうすることで汚れを効率良く下に落とすことができ、
洗剤も汚れやすいボディの下部に流れていくので落ちやすくなります。

スポンジを使ってボディをこするときは、
極力、力を入れすぎないようにします。

力を入れるとこびりついた鉄粉などでボディの表面をこすり、
キズを増やす恐れがあるからです。

それよりも洗剤液をスポンジに含ませた後
しっかりと泡を立てるようにして、
泡で汚れを落とすように心がけてください。

これによりキズを防ぎ、汚れも落ちやすくなります。

このとき、洗剤液はたっぷり使うようにします。

少し洗って洗剤液が足りなくなってきたと思ったら、
すぐに足す感じです。

洗うときには、セダンなど背の低い車なら、
柄の長い洗車ブラシがあると便利です。

天井の奥の方までしっかりと洗い流すことができます。

ミニバンなど背の高い車なら、
脚立を用意しておくことをおすすめします。

脚立があれば高いところでもくまなく洗えるからです。

Are you polishing your car?

We will deliver information to clean both modern and classic cars in both used and new car categories.