RACOOコラム

フランス車のメリットとデメリット

フランスの車と言えば、日本でも有名なメーカーがいくつかあります。

ルノー・プジョー・シトロエンなどがあります。

日本でも直営ディーラーがあるため、昔に比べて購入しやすくなりました。

アフターサービスも日本車メーカーと同様に受けられるため、長く乗りたい方にも安心して購入することができます。

フランス車の特徴としては、足回りの設計が優秀で、乗り心地が非常に良いことが挙げられます。

フランスの道路には、スピードを抑制する目的で付けられた「ハンプ」と呼ばれる凸凹が至る所にあったり、旧市街では石畳があったりと衝撃を吸収するためのダンパー(減衰装置)には非常にコストをかけています。

デザインも優秀で美しいフォルムが特徴です。

日本にはない奇抜なデザインも多く、一味違ったクルマが欲しい人にも人気があります。

故障も少ないので、普段の通勤でも不便を感じることは無いでしょう。

デメリットと言えるほどの部分はほとんど見つかりませんが、あえて挙げるならば「インテリアが簡素」である点です。

質実剛健な設計の裏返しとも言えますが、外装に比べて内装はいたってシンプルです。それを差し引いても、非常に魅力的なクルマと言えます。

PreviousNext

Are you polishing your car?

We will deliver information to clean both modern and classic cars in both used and new car categories.