カーコーティング情報

カーコーティングは雨の日にやっても大丈夫?

雨の日にコーティングするとあまり意味がないのではと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、最近は雨の日にも対応できるカーコーティング材が登場しています。

一般的な作業の流れとしましては、まず車を綺麗に洗車して、コーティングの塗り込み作業を行ないます。

さらに乾燥の工程を経て最終的には拭き取り作業という流れとなっています。

ここで雨の日の場合では塗り込みなどの作業が難しくなりますので、屋根付きの作業場などで実施するのが従来のスタイルでした。

しかし水滴を瞬間撥水できるスプレーなどもありますので、近年では問題なくコーティング作業が行えるのです。

また優れた撥水効果があるコーティング剤も増加していますので、カーコーティングを一度完了させてしまえば雨の日でも影響がないと言えるでしょう。

そして雨の日だからこそのメリットがある点も見逃せません。

カーコーティングは水や汚れからボディをしっかり守ってくれるという効果がありますので、コーティングを施工した直後に雨に対する強さが感じられるのが魅力です。

実際に雨の日にコーティングを完了させて走行していると、水弾きの良さや撥水効果がしっかりと体験できるでしょう。

また梅雨の時期などはコーティングを施工する専門店の予約日程も空きがでやすい事が特徴です。

そのため混雑しがちな土日などでも予約が取りやすく、代車などもスムーズに利用できるという点は雨の時期ならではのメリットと言えるでしょう。

PreviousNext

Are you polishing your car?

We will deliver information to clean both modern and classic cars in both used and new car categories.