カーコーティング情報

自動車のガラスコーティングとポリマーコーティングの違いとは?

自動車の保護用塗料を更に保護したり
美しく仕上げたりするために
外装用保護剤が市場に出回るようになりました。

その中でも一番の人気を誇るのがワックスです。

値段が手ごろで仕上がりに定評があるので
保護剤として最初に頭に浮かぶ人が多いと思われます。

しかし、手間が掛かったり
持続力の無さに頭を悩ませている人もいると思います。

液体ワックスやスプレーワックスが開発されたことで
多少は問題が解消されましたがそれでもまだ手間がかかります。

そこで登場したのがプロによるコーティングです。

大きく分けるとガラスコーティングと
ポリマーコーティングの2種類があります。

ガラスコーティングとは硬いガラス膜で覆うことです。

走るときの風圧で水分を飛ばして除去する撥水性や、
水分に馴染ませて流してしまう親水性などの特徴を持っていて、
水分に強いので車体を錆びさせないためや
汚れが付着しないようするのに有効です。

ポリマーコーティングとは
シリコンやフッ素を含んだポリマーを車体に塗布することです。

従来のワックスによるコーティングよりも、
被膜が強く耐熱性や耐久性に優れています。

ポリマーコーティングが登場するまでは
ワックスが一般的だったのですが、
車体を洗車し水分を拭き取った後に小さな円を描くように塗布し、
半渇きになったら余分なワックスを綺麗に拭き取りながら
被膜を作るというとても時間も手間もかかる方法でした。

しかし、ポリマーコーティング専門店なら
安価で請け負ってくれたり
市販のポリマー剤で自分でも施工することが出来たり
塗装面に簡単につやを出すことが出来て
小さな傷ならほとんど見えなくすることも出来て、
もし失敗しても簡単にはがすことが出来るため
やり直すことが出来るなど様々なメリットがあります。

どちらも下地処理に多くの時間を費やすので、
傷が汚れがついていない新車の方が時間を短縮できたり、
価格を抑えることができるため、
買ったその場でプロにコーティングを依頼するのをお勧めします。

Are you polishing your car?

We will deliver information to clean both modern and classic cars in both used and new car categories.